私29歳アラサー女子なのですが

頭の中はまだまだひよっこですが一応商人なのです。

読む本はいつも可愛げがなく

ビジネス書とか自己啓発書が大好きで

今回はこちらを読んでました

12278832_792805030830200_2867962481404202468_n

 

超一流の二流を目指せ

長倉顕太さんという方の本です。

9月に発売されてすぐ買ったんですが

なかなかまとめて読む時間が取れず

子供達とお風呂に入りながら

子供達が横でお風呂に遊びながら入ってる横で

すこしずつ読み進めてやっと今日読み終えました♪( ´▽`)

だからこんなにヨレヨレ。笑

 

facebookで今私が一番会いたい人である内藤加奈子さんって方がいて

そこでその方が紹介していたこの本の著者の長倉さんを知って、

そこからフォローさせていただいていて

本が出たとき、読み終わったら感想書きますってコメント入れてたので

読んだ感想を。

 

心がたくさん揺さぶられて

たくさん考えさせられて

現実を突きつけられて。

あんたは天才じゃないって

選ばれた一流じゃないし一流にはなれない。

わかってるけどね。

夢を持たせる人が多いでしょう

あんな風にあなたもなれますよって思わせてくれるよね。

それを読んでよし今日からやってみよう!って思うけど

まあ続かないよね。

なんにも続かない。笑

そしてあーなんて自分は意志の弱いだめなやつなんだろうって

思うわけですよ。

でも人間って現状維持の動物だから

それって自分がだめなわけじゃなくて人間の性質なんだって。

よほどストイックな人じゃないとねそんな結果は出せないんだって。

だからそんな自分だめだなーって思ってたけど

性質だからしょうがないって思えたし納得がいった。

そして

“感じる”っ感覚をどんどん鈍感にさせられてるいま

 

もちろんそうじゃない人もいるけれど

会社に飼われて、毎月給料という名の

とりあえず生きていられるまあまあな餌を与えられて

文句言われないように

半年に一回のボーナスもらって

なんとか不満を飲み込ませてごまかされて

自分で餌の取り方を知らなくて

毎日同じ時間に餌が与えられる動物園のライオンと

自分で餌を見つけないと生き続けられない

野生のライオンは

同じライオンでも全く別の生き物だよね。

 

どっちが優れているとか

どっちのほうがいいとか

それは個人が決めることだし

そんな話をしてるわけじゃないんだけど

動物園のライオンは

一生野生のライオンを見ることがないだろうから

それに憧れもせず動物園で一生を終えるんだろうけど

人間は

そうもいかないですよね。

動物園っていいなって憧れながらジャングルにいる人もいれば

こんなまずい飯くってられるか!活きのいいのが食いたいんじゃ!

って動物園からジャングルに飛び出すこともできる。

同じ人間でも動物園とジャングルの生き方が全く違うように

雇われてるのと自分で仕事を作り出す自営は

お金や時間の使い方

人付き合いの仕方

どれをとっても全く違う。

そして、そのちがいは

誰も教えてくれない。

 

野生に出たら

感覚を頼りに匂いを感じて自分で狩りにでないといけない。

自分が獲物を探してこないと

子供達を育てていけないし

自分もお腹を満たせない。

 

 

今私が歩んでる道は

完全に野生でジャングルで

身一つで今日の獲物を探して

日々満身創痍ってかんじで

とりあえず生き延びてるって感じだけど

 

誰かの価値観に操られることなく

自分で自分の価値を作ってて

出来は悪いけど

まだまだ本当にうまくいかないことばかりだし

へたくそだけど

不安定すぎるけど

今まで動物園の中の常識を常識だとおもっていたけど

その常識をジャングルの中で

一つずつ壊している途中で

こんなに不安定で

不安にもなるし

心も折れそうになるし

落ち込むし

ハラハラドキドキすることも多いけど

 

生きてるって感じがするんだよなー。

 

美味しい実を1粒見つけたら

それが与えられてた餌とはまったく違う美味しさなんだよなって。

って本の感想からはちょっと逸れてしまったけど

正直な感想は

長倉さんに読んでもらうからこう書くわけじゃないけど

めちゃめちゃ考えさせられる、すごく読みやすいけど

読み進めにくい本で

ザクザク心が痛めつけられるいい本だからこそ人に教えたいんだけど

でも

みんながやったらそれに気づいてジャングルでの敵が増えちゃうかもって

だから気がつかない人は気がつかないままでいたらいいのにって思っちゃうくらい

ゲスな自分が出てきて人に教えたくないって思うような(笑)

ぐっとくる本でした。

 

 

ゼロになれ

落ちるだけ落ちろって書いてて

実は私も比較的何度も転げてて

ここが底かーって思ったらまだ転げて

今度こそここが底かーって思ったらまた落ちて

這いつくばって生きてる感じなんだけど

どれだけ登ってるか

進めてるか

そのときはわからないし必死すぎるから周りも見えないんだけど

 

まったく進んでないように見えても

過去にさかのぼると登ってるか、進んでいるかはわからないけど景色は確実にすこしずつかわっている。

 

あー意味もわからないし

可愛げのないblogですね。笑

とにかくなんかすごくかんがえさせられます。

長倉さんに

今度会いに行こう。

そしてきっかけをくれた内藤加奈子さんにも

絶対会いに行こう。

 

明日も

全力で生きよう(^ ^)