うちの長男はアトピー持ちで

寝てる間かゆくなることがあるから眠りが浅い。

だから寝起きが悪い。

私も朝が強い方じゃないけど

そうも言ってられない。

子供は起こして学校なり幼稚園なり送り出さなきゃいけない

朝ごはんも食べさせてあげないと。

 

乳製品を控える息子にパンはあまり買わず、

朝ごはんはおにぎりが多い。

とりあえずまだ目が半開きな息子の口に

おにぎりをぎゅっと詰め込みつつ

まだ目が開かないのーと不機嫌に騒ぐ息子を着替えさせる。

どたばたと息子を送り出す。

そのどたばたで娘が起きる。

娘にお弁当を作りながら

朝ごはんを食べさせたり着替えをさせたり

支度をさせる。

どたばたとバスの時間が来て送り出す。

洗濯したりゴミ出ししたり

家のことを片付ける

自分の支度をして

仕事に行く。

2時には店に娘が帰ってきて

おやつはまだ?と騒いでいる。

 

 

3時頃息子が帰ってくる

子供たちが二人揃うと

仲良く遊んだり喧嘩したりを3分おきにくりかえす。

 

仲良く遊んでいると思うと

どちらかが泣きながら

だれが悪いだのいじわるされただのと泣いている

呼ばれて行くと

店の奥の子供達の遊んでいる部屋が

とんでもなくちらかっている。

 

静かだな〜と思っていると

本当にもうこれ以上どう散らかしたらいいかわからないくらい

散らかっている。

床隅々まで転がっているレゴの破片

おままごとで遊んだであろうお皿や

ティッシュに包んだビーズ

髪の毛がくちゃくちゃになったアリエルの人形

ぬいぐるみたち。

挙げ句の果てにアンパンマンのゴミ箱のふた

かぶってアンパンマンになりきってるし。笑

IMG_7552

 

 

とにかくどうやったら

ここまで散らかせるのかと思うくらいにちらかっている。

 

 

帰る前に片付けなさいと叫ぶ。

 

片付けないと捨てちゃうよって叫ぶけど

いやーだ!とはいうけれど

彼らの耳にはどうやら聞きなれた声で

心に届かないようで。

 

 

本当に捨てちゃうからねって

ゴミ袋を持ってきてやっと

二人の泣き声とともに片付けがはじまる。

 

 

実は私も片付けするのがそんなに得意じゃなくて

油断するとすぐにごちゃごちゃになってしまう。

なんで片付けできないの?!

って彼らに言うたびに

自分で言っておいて

自分にも言われているようで悲しくなる。

でもそうは言っても

目の前のこの光景はひどい。

叱っても無駄に子供達の泣き声が響いて

何も生まれないことはわかっている。

 

いつお客様が入ってくるかもわからないし

泣き声を聞くだけで心が痛むし

声を荒げると自分も疲れてしまうし

まずは私から姿勢を見せなきゃと私から片付け出す。

 

すると知らない間に

子供達は自転車に乗りに遊びに行ってしまう。

 

 

なんとなく片付いてきたかと思ったら

わぁーきれいになったねぇー🎶っと子供たちが帰ってくる。

 

 

 

 

ふうっと落ち着いて

仕事に戻る。

 

 

気がつけばまた、

兄弟喧嘩が始まり

始まったと思ったら仲直りして

帰るころにはまた

おもちゃが散らばり放題。

家に帰ると実家で

母やばーちゃんがご飯を作ってくれて私たちの帰りを待っている。

これは本当にありがたい。

 

仕事をしながら晩御飯もちゃんと作っているお母さんがた

心から、心の底から尊敬します。

ご飯を食べさせたら

急いで帰って次の日の学校の準備やお風呂や寝る準備。

まだテレビをみたいと駄々をこねる子供達を

ベッドに連れてくる。

 

 

息子はアトピー持ちで

寝る前に体温が上がってかゆくなる。

半目でかゆいかゆいと騒ぐ息子の背中をひたすらさすって眠りにつかせる。

最近なら30分もあれば寝るようになったけど

小さな頃は9時に布団に入ったと思ったら

かゆがる息子が眠りにつくまで3時間もかかって

寝たと思ったら30分おきに起きて

またひたすら背中をさすって

私も半べそになりながら朝が来るってことが毎日だったので

それに比べたらとても楽にはなったけど

 

 

寝る前にぼりぼり爪を立てて体を掻くその音が

聞いていられなくて

掻くんじゃないと怒ってしまう。

 

 

辛いのは本人だし

本人だって掻きたく無いだろうけど

それで怒られるってかわいそうだよなと思いながら

溜まりに溜まってしまうと

黙ってその音を聞いてもいられなくて、

怒ってしまう。

 

 

息子が

ぼくがかゆいからママを困らせて、

大変な思いさせてごめんねって。私に言ってきた。

 

 

こっちこそ、早く治してあげられなくて

しかも悪いのは息子じゃ無いのに

怒ってばかりでごめんねだよ。

もうちょっとがんばろうね〜と

辛いのは息子だろうにその言葉に涙をこらえる。

 

 

彼は夜中にもかゆくて起きてしまったりするから

寝起きが悪い。

そして朝起きれなくて怒られる。

 

 

理不尽な怒り方しちゃって本当にごめんねって思う。

 

ちゃんと片付けしなさい!!!

早く起きなさい!

そう言いながら

私の中のもう一人の私が

この言葉に怯えている。

 

 

だから他の誰かが同じことを子供達に言っているのを聞くと

私も言われている気がしてとっても辛くなる。

 

 

朝から晩まで

基本だめ人間な私だけれども

それでもなんとか母親を嫁をそして仕事をしながら

不器用ながらも必死で、本当に必死で生きている。

 

 

 

要領が悪かったり

当たり前ができていなかったり

そういうこともあるけど

 

 

世の母みんなこうやって頑張ってるんだよね。

 

男の人みたいに

時間気にせず働いて

子供のおなかすいたー!!!!!!

の声につきまとわれなくて

そんな生活もいいなーと思ったりするけど

 

 

喧嘩してわーんママーって

鼻水と涙でぐちゃぐちゃの顔でこっちにきて

抱っこしてそのまま寝ちゃうなんてことも

きっともう

あと数年もしたらこんなこともなくなってしまう。

この手の中に、収まりきらなくなってしまう。

 

毎日生きていくことに

どうにか子供を育てるってことに

とにかく必死で。

 

 

うちは自営だし

仕事もするけど

ちゃんと自分で子供の成長が見たいって思っているから

なるべくお店で子供を見ているから

できることは限られているけど

今仕事で思いっきり結果を出すことより

子供の成長をちゃんと見ておくことが

きっと10年後20年後の私の

きっと糧になるし、

仕事はいつでもできるけど

子育ては今しかできないから。

 

 

一つ遊んだら片付けしてから次の遊びにいきなさいって言いたいけど

そんなの楽しい遊び方じゃないってわかるから。

ビーズをつなげてあそんでいたら

つなげたビーズをお人形につけてあげたくなって

そのお人形でおままごとがはじまって

ブロックでお家を作って

ぬいぐるみのお友達がおうちに遊びに来て

みんなにビーズのご馳走をふるまって

パーティをする楽しみがわかるから。

 

子供の時の真剣な遊びが

どんな勉強よりも楽しくって

一番の勉強になることを知っているから。

でも、

度がすぎると怒っちゃうんだよなぁ。

 

 

仕事もしつつ

自分と子供と遊び、そして戦いながら

子供に鍛えられて

母になるのかな。

 

 

ママって本当

世界で一番大変な職業。

24時間ちゃんとした休憩時間はなくて

1日3度のご飯に追われ

どうにか作ったご飯は

これ好きじゃないと手をつけ無いし

トイレにも自分のタイミングで

ゆっくり入ることができない。

 

トイレに鍵をかけたもんなら

扉の外でわんわんママーって泣いてるし。

 

何度でも言うよ。

子育ては給料こそもらえないけれど

どんな仕事より大切で

楽することが許されない大変な仕事。

 

 

家庭との時間を取れないパパもいるでしょう

子供たちの起きる前に仕事に行って

子供達が寝てから帰ってきて、

休みの日の子の成長に驚くパパもいるでしょう。

社会には理不尽なこともたくさんあって

家にいて子供と遊んでいる(ように見える)奥さんが

うらやましく思ったりするかもしれないけれど、

エネルギーの塊の子供と1日遊ぶのは

どんな仕事よりハード。

24時間休憩なしで何年も続くこの仕事。

 

 

こどもがいたずらして

怒っても

自分が怒って泣かせたこどもをあやすのは結局自分。

 

なるべくなら

細かいことを気にせずに

わらって過ごせたほうが

幸せだよね。

 

 

なんか長くてわけわからなくなってしまったけど

お母さんって

ママって

本当にすごい仕事だ。

 

 

長男を産んだ日の夜

間違いなくわたしの中から出てきた目の前の可愛い小さな命は

一生懸命泣いていた。

だっこの仕方も

おっぱいのあげかたも

まだへたくそなママ1日目の私は

大げさでもなんでもなく

世の哺乳類の母たちを

心の底から尊敬した。

 

 

あの日から見たら

まだまだだめママな私だけど

あの時に比べたら

ちょっとは母親らしくなったのかなって

こんなダメなママだけど

自分のこと褒めてあげたくなった。笑

 

 

世のパパもみんな歯くいしばってがんばってる。

ママも、いろんなことと葛藤しながら

家族の笑顔のために頑張ってる。

 

 

みんなの頑張りが

報われますように。

 

 

明日もまたバタバタの

賑やかな、そしてちょっとイラつく朝が迎えられますように。笑

 

 

狭いベッドの上で大の字に寝る子供達と

それに挟まれていびきをかく夫の寝顔を眺めながら

家族の幸せを願って。

 

っと今日はクリエイター、デザイナーとしてではなく

ダメなママの夜中のつぶやきでした。笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

お好きなイメージやカラーを伺って

世界に一つのオーダーメイドキャンディブーケを

心を込めて北海道からお届けいたします。

オーダー方法は
WHOOPIEキャンディブーケwebshop

ぜひぜひお気軽にオーダーお待ちしております!

ご相談やオーダーに関するあれこれ

聞きたいこと、ご予約など

お気軽にお問い合わせくださいね!

LINE@でのお問い合わせがお手軽&便利です!

お友達登録は↓

ウーピーLINE@友達登録

またはid検索で【@whoopie】を友達登録してね!

セレクトショップWHOOPIE(ウーピー)

北海道北見市北3条西2丁目15-1

0157-51-2088

http://whoopiekitami.com

オーダーメイドのキャンディブーケは

ウーピーにおまかせください😊